介護福祉士の転職する方法を知ろう

医療業界の転職

介護福祉士とは

介護福祉士は国家資格であり、社会福祉士・精神保健福祉士と並ぶ三福祉士の一つです。
主に介護の現場に携わる方のための資格です。
介護福祉士は、日常生活に支障がある身体上もしくは精神上の障がい者に対して、
その方に応じた介護を行うことや、周りの介護を行う方に対して介護指導を行う事を仕事としています。

介護福祉士の勤務先としては、特別養護老人ホームやデイケアセンターの他社会福祉施設などが挙げられます。
公立の施設のみならず、民間の障害福祉サービス事業所などでも働くことができます。
訪問介護ステーションなどでも介護福祉士は迎え入れてもらえることがあるようです。

このところは地域包括センターの普及によって
医療・看護・理学療法の分野との提携なども求められるようになりました。
介護福祉士として現場で働くだけではなく管理者の立場として指導や
ケアプランを立てる等の内勤の仕事も受け入れることを視野に入れていく必要があります。

介護福祉士の需要

かつては介護の仕事をするために自治体の認定資格である
「訪問介護員認定資格」を持てば適切な介護ができるとされていましたが、
今では介護福祉士の資格を持つ方に一本化する方向性が打ち出されています。
また、大きな介護に対する改革がめまぐるしく行われているために、
介護福祉士の資格を取得されている方が高待遇で受け入れられるチャンスが巡っています。

介護福祉士としてのステップアップやキャリアアップを図るために
転職をしたいという方が増えています。
新規事業所が開設されたり、地域包括センターの業務改善等で
有資格者の人員を増やすための求人が数多く提示されるようになったためです。
転職先では、管理職待遇で現場で働く方たちのフォローを行ったり、
現場に出かけ適切な介護改善策を提案するなど
キャリアを持った方にしかできない仕事が数多く待ち受けています。
なかなか転職情報をキャッチすることができないという方、
今の職場をやめるタイミングが見つからないという方も多いはず。

介護関連の求人を探すなら

ここで、転職支援サイト・リクナビで転職先探しをされることをお勧めします。
リクナビは無料で会員登録をすることで介護関連の求人案件を探すことができます。
転職に特化したサイトですので、現在の職掌よりも上位職で
迎え入れてもらえるかもしれない案件なども多くあります。

特に新規事業所でのオープニングスタッフの案件等は即戦力・リーダー職としての
条件もプラスされる可能性もあり、給与面でも厚遇が期待されます。
人間関係の疲れなどで一度職場の目先を変えてリセットしたいと考えている方にもお勧めです。
退職から新職場への入所に関するフローに関しても
リクナビのコンテンツでレクチャーしているので、利用してみるとよいでしょう。