収入UPや地位向上を転職に求めたい方へ

医療業界の転職

転職を考えていますか?

転職を考えるきっかけになった理由として「収入アップを目指す」ということがあげられるかと思います。
今の給与体系にかなりの不満を持っており、同業異種の職業に就くことで
増収が見込めるかもしれないというような状況であれば、転職したいと思うものです。

医療や介護の分野で働く方は非常に忙しく夜勤などのハードな仕事内容もあるため、
給与以上の働きをしている方がほとんどで時折仕事と給与のバランスに関して
不安を持たれることもあるようです。

もちろん転職先で良い待遇を提示してくれれば年収アップが実現しますが、
なかにはどの転職先よりも現職場の方が待遇が良いという場合もあります。
まずは給与の相場などを調べてみることをお勧めします。
調べてみてバランスが良くないと感じた場合は転職を考えてみるとよいでしょう。

看護師の場合は、総合病院や介護施設、薬剤師であれば調剤薬局、
医師の場合は開業もしくは総合診療科・救命救急関連の職に就くことなどで実現できるようです。
この他にも研究・開発職への転職においても収入増が見込める仕事がたくさんあります。

できる・できないを見極めて転職

ただ、単純に収入増を目指すためだけに仕事を探すのでは転職成功とはいえません。
「こんなはずじゃなかった」と後悔したり、
与えられた仕事がこなせなければその仕事は向かないのです。

自分が本当にやりたいことを改めて考えるいい機会でもありますから、
一度自分と向き合う時間を作ってみることもおすすめです。
忙しくてうやむやになっていたけれど、
医療業界の中でも本当にやりたかったことが見えてくるかもしれません。

逆に、医療業界よりも他にやりたいことが見つかる可能性も否定できません。
その上で、自分ができること・できないこと等をしっかり見極めて転職活動を行いましょう。

資格は転職に有利

国家資格や認定資格を取得することで地位や収入増を見込めることができます。
受験資格を満たしているものがあれば積極的に試験を受けていくことが
年収アップへの一番の近道であり、武器にもなります。

正看護師が介護職に転職すればヘルパー資格不要で要介護者を扱うことができます。
ヘルパーを指導するポジションに立つことも可能です。
国家資格であるケアワーカーの資格を取得すれば、2級ヘルパーでも地位が向上します。

また、薬剤師であれば新規開店の調剤薬局の責任者の席を目指すなど、
転職ならではのキャリアやスキルをおしみなくアピールしていきましょう。

医療業界と一言に言っても様々な業種があり進む道もそれぞれですが、
人の健康のために役立ちたいという思いだけは共通しているはずです。
転職を機会に、自分に合った転職先をしっかり見極めることをおすすめします。