医師の転職する方法を知ろう

医療業界の転職

転職を考えている医師の方へ

医師の世界も激務に追われてしまい、なかなか自分の時間が取れない、
勤務先の経営理念との衝突や、自分の目指す診療や治療方針を
立てることができないと感じることも多くあるようです。
勤務先を変えたい、転職をしたいと考え始めた時が一番のチャンスです。
少しでも転職に関する情報を集めることをお勧めします。

医師が転職する方法としては勤務医・開業医・大学病院等の研究室や
教授として入局するなど様々な働き方があります。
また産業医や健康診断専門医として各地を巡回する医師もいます。

転職を考えた際には、あなた自身の医療分野・学会等から授与された
専門医認定証の有無等を職務経歴書にまとめておきましょう。
リクナビ等の転職支援サイトを利用することで、
適材適所の医療現場で働けるチャンスが広がります。

リクナビを利用しよう

リクナビの機能でおすすめしたいのが、スカウト機能です。
医師の求人になるとほぼ100%が非公開求人になってしまい、
自分に見合った医療分野での仕事はなかなか見つけることができません。

スカウト機能を利用し、自分自身の医師としてのスキルをアピールすることで、
医療系転職エージェントや医療法人から直接オファーが届くかもしれません。
医療系の転職エージェントは、多数の医師の求人情報を持っています。
数多く存在する転職エージェントに直接会員登録することも一案ですが、
登録できても1~2社程度です。

スカウト機能のメリット

なかなか自分の希望とマッチングする案件を見つけることができないリスクもありますが、
リクナビを通じて転職エージェントから逆にオファーを受けることで、
転職希望者にとって都合のよい案件を数多く受けられるメリットが生まれます。
もちろん、リクナビと提携している医療機関も多くありますので、
条件さえマッチングすれば面接を前提にあなた自身にオファーが届きます。

医療機関から直接のオファーが届くということは、
ヘッドハンティングに近い状態だと考えても差し支えありません。
これまでの収入より上の年収を目指すことや、上位職でのポストを約束されることもあります。
面接に関しても「転職」であることがお互いの中で了承されていますので、
話がまとまりやすいのも良いところでしょう。

リクナビへの登録は簡単です。
インターネットにつなげるパソコンや携帯電話・スマホから登録することができます。
オファーメールや各種メルマガで情報を逐一受け取ることができますので、
あなた自身の希望・条件にかなった職場に必ず出会うことができるでしょう。