がんで亡くなる人の8割は栄養失調って本当?

医療ニュース

意外ながんの事実

最近では、テレビなどでも良く「がん(癌)」というものを見かけます。

ですが、今でもがんというのは本人の体力、もしくは遺伝子情報に問題があると指摘されることが多いです。
しかし、そのような事実も弛まない研究成果により、その他の理由もありがんを発症することが知られるようになりました。

まず、がんというのは本人の体力など、体力に影響を受ける形で発症するものではありません。
実際、がんで亡くなる人は栄養失調であることも知られていますが、正確には以下のような問題も抱えているため、最終的にがんで亡くなる人は栄養失調も含めて、がんに悩まされていることが多いだけなのです。

がんの原因その1ですが、ケアをまったく受けていないため早期発見が遅れるという形でがんになる人が多いです。
今では乳癌でもそうですが、がんというのはおおまかな検査を病院で受けられるようになっています。
結果そのものもすぐに出ますので、早期発見を行うことそのものは難しくありません。

がんは進行すると転移という厄介な問題を起こすようになります。
すると、いつまで経ってもがんを治せないようになってしまい、これががんの悪化を招くのです。

がんの原因その2ですが、体力の低下を放置してしまい感染症にかかってしまうリスクが高いと、結果的にがんになってしまいます。
体力の低下のみであれば、人によっては早い段階で克服できるでしょう。

しかし、がんが感染症との関連で発症してしまうことを知らない人が多く、発症した病気のみ治療される方が多いのです。
このような原因でがん患者になってしまう人は、がん患者の8割ほど存在するとされています。

がんの原因その3ですが、栄養不足も問題視されています。
免疫力が低下することで、人はあらゆる病気にかかってしまうリスクが発生しますので、食事をしっかりととることも重要なのです。

栄養失調の原因

がんと栄養不足の関係を案内しましたが、最終的に栄養失調になってしまう人は以下のような生活習慣に原因があると、今では知られるようになりました。

その原因についてですが、朝食を食べない、もしくは外食中心の生活を行っていることが問題視されています。
朝食を食べないでいると、体内に存在している善玉菌などの活動が弱まってしまいます。
なので、牛乳、パン、ヨーグルトなど軽い食事で良いので、食事を行っておいたほうが栄養失調に悩まされるリスクが低減するのです。

それと、過度なダイエットも良くありません。
ダイエットをやめないでいると、人によっては胃腸などが荒れやすくなり、胃腸などが荒れやすくなると体温の低下を招いてしまいます。
このような原因を放置していると、がんで亡くなるリスクまで高まってしまうのです。