右手の動きを回復したコンピューター・ソフトウェア

医療ニュース

どのような効果を期待できるのか?

コンピューター・ソフトウェアで右手の動きを回復というと、近未来の話のように感じるかも知れません。

ですが、今ではコンピューター・ソフトウェアで右手の動きを回復することができるという情報が、世界に対して大きな影響を与えています。
また、どのような人に対してこのようなソフトウェアが開発されているのか?というと、主に「麻痺(まひ)」に悩まされている人のために開発されています。
麻痺というと一般的にはあまり知られていない症状ですが、四肢麻痺(ししまひ)と呼ばれている麻痺が有名です。

このような症状(もしくは障害)を持っている人は、常に麻痺と闘っていかないといけません。
例えば、クレジットカードなどをカード差込口に挿れる時が該当します。
このような作業は社会人であれば定期的に行わなければなりません。
また、クレジットカードなど重要なカードを他人に渡して、カード差込口に入れてもらうという行為もリスク上で難しいものとなっていますし、また他の利用者を待たせながら少しずつ差込口にカードを挿れるのも億劫なものです。

ですが、コンピューター・ソフトウェアで右手の動きを回復させると、このような簡易的な対応が素早く行えるようになるのです。
なぜこのような動作をソフトウェアで行えるのか?というと、「脳信号をコンピューターが理解」するからです。

人間の脳内で電気信号のやりとりが行われているのは、今から数十年以上も前から知られている事実です。
ですが、今までは脳波などの計測機器でそのことを把握していただけです。

コンピューター・ソフトウェアで右手の動きを回復させるという行為は、コンピューターとの連動で、腕に取り付けられているマシンが動作するという代物で、ものによってはスプーンを正確に持ち上げることも可能です。
これにより、将来においては介護を必要とする人が、健常者と同じ生活を送れるようになると期待されています。

どのようなことはできないのか?

コンピューター・ソフトウェアで右手の動きを回復するコンピューター、また腕に取り付けられているマシンについてですが、あくまでも動作の補助を行ってくれるだけです。

なので、重いものを持ち上げるという動作は行えません。
また、細かい指先の動きをリンクさせることも難しいです。
例えば、食器洗いを行っている際に、左手で持っている皿を右手に持つという動作においても、正確に機能するというわけではないのです。

ただし、上体を起こす際に支えるような右手の使い方、もしくは右手でものを持ちゆっくりと動かすという動作には対応しています。
このような動作はコンピューターと連動しているため、素早く対応できるという面では高い評価を得ているのです。